車両や自転車に搭載 衛星回線で汚染把握 放医研、放射線量測定に“新兵器”

車内に搭載されたモニタリング機器。走行ルート上で得た情報を遠隔地に送信することができる(放医研提供)
車内に搭載されたモニタリング機器。走行ルート上で得た情報を遠隔地に送信することができる(放医研提供)

 放射線医学総合研究所(千葉市稲毛区)は、放射線計測器を緊急車両に搭載し、走行ルート上の線量や測定位置、現場映像などの情報を遠隔地からリアルタイムで確認できる新たな放射線モニタリングシステム「ラジプローブ」(仮称)を開発した。原発事故などの発生時に初動対応者の被ばく低減化を実現、特定地域の汚染状況の把握も容易となる。千葉県内でも局所的に高線量が検出される、いわゆるホットスポットが相次いで発見される中、公園などでの汚染マップ作成にも活用できそうだ。

 同システムは、市販の放射線測定器と衛星利用測位システム(GPS)、通信機器、独自開発のソフトウエアなどで構成。計測器を搭載した緊急車両を走行させることで得た各種情報を、インターネット経由で遠隔地の災害対策拠点に送信できるのが特徴。

 また、災害時に地上の通信回線が不通となった場合でも、衛星通信の使用が可能。高線量が確認された場合は対策拠点からの避難指示を出し、自衛隊など初動対応者の安全も確保する。

 同システムは、自転車や徒歩での移動にも対応。スマートフォン(カメラ・GPS付き)を用いてより詳細な空間線量率マップの作成も可能。こうした機動性と機能によりホットスポットでの線量測定にも役立てることができるという。


  • LINEで送る