支援物資携え紗栄子さんも 山武、被災者励ます 【台風15号 支援の輪広がる】

子どもらと触れ合い被災者に声を掛ける紗栄子さん(中央)=18日午後0時半ごろ、山武市
子どもらと触れ合い被災者に声を掛ける紗栄子さん(中央)=18日午後0時半ごろ、山武市

 台風15号による停電や断水被害が続く山武市で18日、モデルの紗栄子さんが山間部にある公民館「あららぎ館」に支援物資などを届けに訪れた。紗栄子さんは、インターネットで知るなどして集まった住民一人一人と握手するなどして励ました。

 事務所などによると、紗栄子さんは千葉県内の台風被災者を支援する活動を展開。ブログなどを通じてファンに呼び掛けたところ、全国から災害用品や食料などが集まったという。

 この日は被災生活が長引く住民を励まそうと初めて市内入り。ジュースや菓子類、おにぎりなどを持ってきたほか、都内の焼き肉店の料理人らと炊き出しも行った。

 近くの美杉野地域から娘の陽葵ちゃん(3)と来ていた主婦、子安憂さん(29)は「『もう少しだから頑張って』という言葉をもらいとても励みになった」と瞳を潤ませた。


  • LINEで送る