県内停電、12日夕なお30万軒 ライフライン寸断4日目

 台風15号による千葉県内の大規模停電は、東京電力パワーグリッドの12日午後6時現在の集計で依然として約30万5600軒に上った。
 
 ライフライン寸断は、きょう12日で4日目。停電に伴う断水との〝ダブルパンチ〟となった地域もあり、被害の長期化で熱中症など健康リスクも高まっており、市民の疲労やストレスも限界に達しつつある。
 
 東電によると、雷雨で作業が中断したり、日没で作業効率が下がったりしたことなどにより、復旧作業が大幅に遅れている。成田市や木更津市などでは、全面復旧が13日以降にずれ込む見通し。
 
 12日午後6時現在の集計で、県内の停電は45市区町村で残っている。市原市が依然最多の約3万3000軒。

【ほかに1万軒以上の停電が残る自治体】
南房総市  約2万 300軒
館山市   約1万9900軒
鴨川市   約1万7900軒
八街市   約1万7600軒
富津市   約1万4900軒
千葉市緑区 約1万4700軒
山武市   約1万4100軒
君津市   約1万4000軒
袖ケ浦市  約1万4000軒
香取市   約1万2300軒

【1万軒未満の停電が残る自治体】
千葉市若葉区、成田市、佐倉市、木更津市、茂原市、東金市、大網白里市、多古町、横芝光町、富里市、鋸南町、匝瑳市、旭市、長柄町、千葉市花見川区、神崎町、芝山町、四街道市、九十九里町、睦沢町、大多喜町、東庄町、千葉市中央区、勝浦市、長生村、一宮町、長南町、いすみ市、印西市、栄町、千葉市稲毛区、酒々井町、白子町、銚子市


  • LINEで送る