千葉ロッテ「ファイト!千葉」 SNSで応援メッセージ

  • LINEで送る

「ファイト!千葉」のロゴを手に持つ千葉ロッテ選手会長の鈴木大地内野手(球団提供)
「ファイト!千葉」のロゴを手に持つ千葉ロッテ選手会長の鈴木大地内野手(球団提供)

 プロ野球の千葉ロッテマリーンズは11日、県内に甚大な被害をもたらした台風15号の被災者を励まそうと「ファイト!千葉」のロゴを制作し、球団ホームページやツイッター、インスタグラムなどの会員制交流サイト(SNS)で応援メッセージを発信した。

 メッセージは「この度の台風15号の影響により甚大な被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。今こそALL for CHIBA。ファイト!千葉」。

 井口資仁監督(44)は「まだ(電気や水道が)復帰してないところもたくさんあると聞いている。何とか良いかたちでマリーンズの勝利を届けたい」と語り、選手会長の鈴木大地内野手(30)は「ニュースなどを見てずっと心を痛めている。野球を通して、千葉に明るい話題を提供したい」と話した。

 「ファイト!千葉」のロゴは、同日の試合前にZOZOマリンスタジアムのビジョンにも映し出された。