11市町の2万戸超で断水続く 停電影響、君津市が最多

  • LINEで送る

 11日午後4時時点で、県内11市町の計2万652戸で断水。停電で送水ポンプが動かない状態が続いている。最も多いのは君津市の7300戸。長南町では同日中に解消した。
 
 11日は市原市や長南町などで、自衛隊が応急給水したほか、神奈川県川崎市、横浜市も給水車を出した。
 
 停電の解消に伴い断水戸数も減ってはいるが、自家発電で対応していた南房総市では発電機の故障で新たに断水が発生。今後も同様のケースが起こる可能性はある。
 
 12日も断水が続けば、引き続き応急給水を実施の予定。県は場所や時刻について、各自治体に問い合わせるよう求めている。

【断水・戸数内訳】
君津  7300
南房総 6020
富津  2000
袖ケ浦 2000
多古  1800
鴨川  937
大多喜 220
市原  169
館山  140
木更津 60
いすみ 6