停電、断水、残暑… 対応追われる病院 給水車には長い列 台風15号

災害対応に当たる千葉県循環器病センターの職員ら=10日、市原市鶴舞
災害対応に当たる千葉県循環器病センターの職員ら=10日、市原市鶴舞

 台風15号の影響で大規模な停電が発生している県内では10日、各地で気温が30度を超える真夏日となり、熱中症の疑いで搬送される人が40人以上に上った。千葉県内最大の停電被害が出ている市原市では医療関係者らが電源確保に頭を悩ませ、9日から断水が続く山武地域でも自衛隊などの給水車に長い列ができた。各地の住民からは早期の復旧を願う声が相次いだ。

 9日から外来診療を原則中止している市原市鶴舞の県循環器病センター。非常用電源でしのぐものの電力は限られ、約100人の入院患者の生命維持に必要な医療機材、電子カルテのシステム維持などに振り向けている。

 病棟の空調は大幅に制限されており、一部病室などには扇風機を設置。患者の女性(53)は「頭や体を冷やしているが暑い」と打ち明けた。村山博和病院長は「これまで非常用電源を使っても数時間程度だった。かつて経験したことのない状態」と説明した。

 停電で市民生活は混乱している。ゴルフ練習場のポールが倒れた同市五井の現場近くに住む40代女性は「お風呂を沸かせないので、市外の銭湯に行ったりしている」と諦めた様子。自宅がオール電化の50代女性は「何もできない。自宅前の電柱が倒れかかっていて危険だし、せめて電気を早く復旧させてほしい」と訴えた。

 10日夜まで断水が続いた山武地域。10日早朝、自衛隊などの給水車が配備された東金市役所は、水を求める市民で敷地内がいっぱいになった。測量会社を営む男性(68)は「飲み水が用意できず大変。どこの店でも売り切れているのでここに並ぶしかない」と汗を拭った。

 一方、5時間近く待ったが、水を受け取れなかったという市内の女性(58)は「初孫が生まれたばかりなのに。知り合いを頼って何とか確保したい」と語った。

 断水の影響は地域中核病院の東千葉メディカルセンター(東金市)にも及んだ。患者の食事や医療器具の洗浄などに使う水をためる110トンのタンクが10日早朝時点で60~70トンにまで激減。周辺病院からの救急搬送が、通常の5~6倍に膨らんだことも追い打ちをかけた。

 同センターは県を通じて航空自衛隊に支援を要請。埼玉、静岡県から5トンの給水車6台が出動し、大網白里市内から水のピストン輸送を繰り返した。

 県都の千葉市でも、長引く停電に市民が疲労の色をにじませる。同市稲毛区の無職、島田三郎さん(74)は早期の復旧を期待していたが、関係機関に問い合わせても「分からないと言われた」とあきらめ顔。肉や牛乳など冷蔵庫にある生ものは処分したという。

 テレビが見られず、情報を得る手段が限られるのも不安を増幅させるが、「電気が復旧しないとどうにもならない」。室内で熱中症にならないよう、こまめに水分を取るのを意識しており、うちわを片手に「暑さは我慢します」と話した。


  • LINEで送る