柏市選管では職員が遅刻 【ちば参院選2019】

  • LINEで送る

 柏市選挙管理委員会は21日、市藤心近隣センターに設置した参院選の投票所で同日朝、施設の鍵を開ける男性職員が遅刻したため、投票開始時刻が2分遅れるミスがあったと発表した。

 同選管によると、同投票所に従事する職員6人のうち、鍵を所持する男性職員が午前6時半の参集時刻に現れず、携帯電話もつながらなかったため、選管事務局が別の投票所で鍵を持っていた職員に連絡。6時57分に施設を開場し、7時に始まる予定だった投票時刻が7時2分に遅れた。

 7時時点で7、8人の有権者が訪れていたが、帰った人はいなかった。遅刻した男性職員は7時5分に到着。「目覚まし時計をかけ忘れ寝坊した」と説明したという。

 同選管事務局は「今後の選挙に向け、鍵の管理など危機管理体制を見直す」としている。