大麻所持容疑で誤認逮捕 千葉県警、検査結果見間違え

  • LINEで送る

 千葉県警薬物銃器対策課は12日、県警が、大麻草を所持していたとして大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した県内に住む20代の男性は誤認逮捕だったと発表した。捜査員が、大麻草を特定するための簡易検査の結果を見間違え、乾燥植物片を大麻と判断、逮捕していた。男性は約5時間後、釈放された。

 同課によると、県警捜査員が12日未明、市川市内のコンビニ店駐車場の乗用車内で、1人で寝ている男性を職務質問。車内に乾燥植物片1袋を持っていたため、駆け付けた市川署員が簡易検査し、結果を見間違えた。

 同署の小森光雄署長は「大変遺憾。再発防止に努めるとともに指導を徹底する」とのコメントを出した。