一宮でサーフボード盗む 倉庫から 茂原署、容疑の男逮捕

  • LINEで送る

一宮町の海岸沿いの通りには、サーフショップが立ち並んでいる。岡崎容疑者は町内の倉庫からボードを盗んだとして逮捕された(本文と写真は関係ありません)
一宮町の海岸沿いの通りには、サーフショップが立ち並んでいる。岡崎容疑者は町内の倉庫からボードを盗んだとして逮捕された(本文と写真は関係ありません)

 一宮町内の倉庫に忍び込みサーフボードを盗んだとして、茂原署は20日、建造物侵入と窃盗の疑いで、茂原市小轡、会社員、岡崎貞人容疑者(47)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月5日~4月14日ごろ、市川市の会社役員の女性(50)が所有する一宮町内の倉庫に侵入し、サーフボード11枚(計135万円相当)を盗んだ疑い。

 同署によると、容疑者は「20枚ぐらい盗んで、オークションに出品した」と容疑を認めている。容疑者は今年3月まで貸倉庫会社に勤務し、女性のボードを保管していた茂原市内の倉庫の管理を担当していた。容疑者が会社を辞める際、女性が所有する同町の倉庫に数回にわたりボードを搬入しており、内部の状況を把握していたとみられる。

 女性は5月上旬、インターネットオークションに売られているサーフボードを見て、倉庫にあったボードと特徴が似ていることから不審に思い、同署に相談していた。

 一宮町の釣ケ崎海岸は2020年東京五輪のサーフィン会場で、海岸沿いの通りにはサーフショップが並んでいる。