新種?サル密輸未遂 関税法違反罪で男起訴 ペット販売の数人も逮捕

  • LINEで送る

東京税関成田税関支署が公開したショウガラゴ属のサルの画像
東京税関成田税関支署が公開したショウガラゴ属のサルの画像

 成田空港で新種の可能性がある小型のサル2匹が押収された密輸未遂事件で、東京税関成田税関支署と成田空港署は11日、関税法違反(無許可輸入未遂)容疑で東京都中野区江原町、塗装建設業、高西健也容疑者(40)を逮捕し、千葉地検に送検したと発表した。2匹の画像も公開した。逮捕は5月22日。地検は11日、同法違反罪で起訴した。

 起訴状などによると昨年9月10日、タイから成田空港に帰国した際、小型のサル2匹や、コモンマーモセット3匹、ケヅメリクガメ4匹など計17匹をスーツケースに隠し密輸しようとしたなどとしている。

 成田税関などによると、高西被告は「サルはペットショップで売っていないものなので、申告しなければいけないと思っていたが申告しなかった」と容疑を認めている。入手先については「タイ・バンコクの市場で買った。報酬10万円で人に頼まれ、日本に持ち帰ろうとした」と供述している。

 また、県警が同法違反容疑で、水戸市のペットショップ経営、松原滋容疑者ら数人を新たに逮捕していたことも11日、捜査関係者らへの取材で分かった。県警と税関は高西被告が運び役だったとみて、松原容疑者らとの関係を詳しく調べる。

 成田税関ではタイからの動物の密輸が多発していることから警戒を強化しており、税関検査で税関職員が発見。17匹は一つのスーツケースに木くずを入れて隠されていた。

 新種の可能性のある小型のサル2匹はいずれも尻尾を除いた体長が15センチ程度で性別などは不明。日本動物園水族館協会の鑑定で、アフリカ中南部に生息するショウガラゴ属とみられるとされたが、該当する種はなかったという。

 押収された17匹は専門機関が管理。うちコモンマーモセット、タケネズミ、フトアゴヒゲトカゲの計3匹はその後死んだという。