生徒が校舎から転落 四街道高、一時意識不明

  • LINEで送る

 四街道市鹿渡の千葉県立四街道高校で、14日午後0時45分ごろ、事務職員から「男性が4階から転落した」と119番通報があった。消防が駆け付けたところ、1年の男子生徒(16)が頭から出血するなどして地面に倒れており、ドクターヘリで病院に搬送された。男子生徒は一時意識不明だったが、命に別条はないという。四街道署で転落した経緯を調べている。

 同校などによると、男子生徒は校舎4階の英語科教室の窓から転落した。転落防止用のポールが設置されていたが、乗り越えることは可能という。

 当時は昼休みの時間で、男子生徒は直前の身体測定や体力テストにも変わらぬ様子で参加していた。4月の入学以降、欠席は少なく所属する部活動も積極的に取り組んでいたという。

 同校は同日、全校集会で事情を説明し、午後の体力テストを延期した。いまのところ、男子生徒に関するいじめやトラブルは確認できていないという。

 同校の大塚真理子教頭は「何よりも男子生徒の回復を願う。このようなことが今後起きないように、生徒に何ができるか考えていく」と話した。