園児遊ぶ公園に車 かばった保育士骨折 運転65歳男容疑で逮捕 市原

  • LINEで送る

公園内にいた保育園児の近くに突っ込み、フェンスを倒して砂場付近で止まった乗用車=15日午前、市原市五井中央西2(近隣住民提供)
公園内にいた保育園児の近くに突っ込み、フェンスを倒して砂場付近で止まった乗用車=15日午前、市原市五井中央西2(近隣住民提供)
コインパーキング(下)から公園(上)に乗用車が突っ込んだ現場(共同通信社ヘリから)
コインパーキング(下)から公園(上)に乗用車が突っ込んだ現場(共同通信社ヘリから)

 15日午前10時25分ごろ、市原市五井中央西2の梨ノ木公園で、砂場で遊んでいたいずれも2歳の保育園児5人の近くに乗用車が突っ込んだ。一緒にいた女性保育士(30)が、園児1人を突き飛ばすようにして守り、車と接触して右足首骨折の重傷を負った。園児にけがはなかった。

 市原署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで同市五井、自称無職、泉水卓容疑者(65)を現行犯逮捕。泉水容疑者は、公園向かいのコインパーキング出口で料金を払おうと停止した後、車を急発進させており、「ブレーキペダルを踏んでいた。なぜ発進したのか分からない」と供述している。

 同署によると、砂場では当時、男児3人と女児2人が遊んでおり、けがをした女性保育士のほかに20代の女性保育士が付き添っていた。

 車はパーキング出口から直進して市道を横切り、縁石のある歩道を乗り越え、チェーン付きのポールを倒して公園内に突入。さらに円形の砂場を囲うフェンスをなぎ倒し、園児近くまで迫った。パーキング出口から砂場までは約14・5メートル。

 現場はJR五井駅の北約200メートルにあり、飲食店やコインパーキングなどに囲まれている。