手配の70歳女逮捕 「穴掘って埋めた」  東金男性遺棄

  • LINEで送る

千葉中央署に入る松本かほる容疑者=11日午後(共同)
千葉中央署に入る松本かほる容疑者=11日午後(共同)
松本かほる容疑者を乗せ千葉中央署に入る警察車両=11日午後1時55分ごろ
松本かほる容疑者を乗せ千葉中央署に入る警察車両=11日午後1時55分ごろ

 東金市の雑木林に無職、大内軍際さん(79)=千葉市中央区白旗3=の遺体が埋められた事件で、千葉県警は11日、死体遺棄容疑で指名手配していた住所不定、無職、松本かほる容疑者(70)を逮捕した。

 10日に顔写真を公開しており、11日午前8時半ごろ、「朝のニュースでやっていた指名手配犯と似た人を見かけた」と神奈川県警中原署に通報があり、同署員が川崎市中原区の東急電鉄武蔵小杉駅東口のベンチに1人で座っている容疑者を確保した。

 逮捕容疑は1月20日から21日ごろの間、千葉市中央区大巌寺町の無職、進藤正幸容疑者(69)と大石徳雄容疑者(69)=いずれも同容疑で逮捕=と共謀し、東金市松之郷の雑木林に大内さんの遺体を埋めて遺棄した疑い。

 県警によると、容疑を認め「3人で大内さんの死体を土に穴を掘って埋めた。大内さんのことで警察に行こうか死のうか考えていた」と供述している。かつて川崎市内に住んでいたという。

 大内さんは昨年、松本容疑者との金銭トラブルを千葉中央署に相談していた。司法解剖の結果、大内さんの死因は不詳。県警は死亡した経緯を詳しく調べる。

 県警は進藤、大石両容疑者を3日に逮捕。「遺棄現場を車で往復した際、松本容疑者も同乗していた」などと供述したことから、松本容疑者の行方を捜していた。6日には川崎市の新丸子駅付近の防犯カメラに1人で歩いている様子が写っていた。