羊150頭で新元号 富津・マザー牧場

  • LINEで送る

 富津市田倉のマザー牧場で1日、約150頭の羊が新元号「令和」の文字=写真=を作るイベントが始まった。大型連休中とあって多くの親子連れが訪れ、新時代の到来をまきばで満喫した。

 同牧場によると、羊文字のイベントは2012年から始まり、えとの字などを披露してきたが、今回は初めて漢字2文字に挑戦した。令和は羊文字を作るには絶妙の字で、これ以上の画数では成立しなかったという。

 八王子市から訪れた小学2年生の須藤優太君(7)は「羊が文字を作っていてすごい。面白かった」と喜び、父親の勝彦さん(37)は「こういう時にしか見られない。良い記念になった」と笑顔で話した。

 東京都江東区から初めて訪れた伊藤沙保さん(27)は「羊たちの頑張りが見られて良かった。いろいろな人が平等に暮らせる時代になれば」と願った。

 イベントは5月31日まで、午後0時半からの「ひつじの大行進」の中で行われる。雨天中止。