父3回目逮捕へ 児相保護前、暴行疑い 野田小4死亡

  • LINEで送る

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が1月24日に自宅浴室で虐待死した事件で、千葉県柏児童相談所による2017年の一時保護の前に心愛さんの顔をたたくなどしたとして、県警が暴行容疑で父、勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=を近く再逮捕する方針を固めたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕は3回目。

 捜査関係者によると、勇一郎被告は柏児相が心愛さんを一時保護した17年11月7日の直前、自宅で顔をたたくなどした疑いが持たれている。児相の記録などから立証が可能と判断したとみられる。児相や野田市は当時、身体的虐待を疑いながら県警に届け出ておらず、県や市の検証委員会が対応の妥当性を調査する。

 柏児相や野田市によると、心愛さんは別の市立小に通っていた同11月6日、学校のいじめアンケートに「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています」と回答。学校側に「父に背中や首をたたかれる。顔をグーでたたかれる」と打ち明けた。右頰にたたかれたような痕があり、児相は同12月27日まで一時保護した。

 勇一郎被告は、児相に対し虐待を認めなかった。市教育委員会が18年1月、被告の要求に応じ、回答のコピーを渡したことが事件後に発覚した。

 勇一郎被告は、19年1月24日に冷水シャワーを掛けるなどして心愛さんを死亡させ、18年末から年始の暴行で胸を骨折させたとして、傷害致死と傷害罪で起訴。母、なぎさ被告(32)は、死亡当日の暴行を制止せず手助けしたとして、傷害ほう助罪で起訴された。