傷害致死罪父を起訴 食事与えず暴行か ほう助罪で母も 野田小4女児死亡

  • LINEで送る

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、千葉地検は6日、死亡する2日前から食事を与えず、暴行を加えて死なせたとして、傷害致死罪で父親の勇一郎容疑者(41)を起訴した。直接手を出していないが暴行を止めなかったとして、傷害ほう助罪で母親のなぎさ容疑者(32)も起訴した。いずれも逮捕時の傷害容疑から罪名を切り替えた。勇一郎被告の一連の暴行で心愛さんが衰弱し、飢餓や強いストレス状態になったことなどが死亡につながったと判断した。

 起訴状によると、勇一郎被告は1月22日午後10時ごろ~同24日午後9時50分ごろ、心愛さんに食事や十分な睡眠を取らせず、自宅居間や浴室で立たせ続けて放置。24日午後1時ごろには、ぬれた肌着の状態で「5秒以内に服を脱げ」などと命令してシャワーなどで冷水を浴びせ、同4時ごろは居間でうつぶせにさせて背中に座り、両足をつかんで体を反らせるなどの暴行を加えたとしている。

 なぎさ被告はその間、勇一郎被告の暴行を制止せず、指示を受けて食事を与えないなど手助けしたとされる。

 また勇一郎被告は同9時50分ごろ、寝室に入ろうとした心愛さんに「なんでいるの。駄目だから。ちょっと来い」と言って浴室に連れて行き、顔に冷水シャワーを浴びせ続けるなどの暴行を加え、同11時5分ごろ、死亡させたとしている。

 地検は死因について、暴行によるショック、致死性不整脈、溺水のいずれかか、複合的なものと説明。捜査関係者によると、司法解剖の結果、心愛さんは極端にやせた状態ではなかったが、胃に内容物はほぼなく、肺から水が検出された。

 勇一郎被告は昨年12月30日ごろから今年1月3日ごろまでの間にも、自宅で心愛さんを引きずり、両手をつかんで引っ張り上げて床に落とし、顔や胸を圧迫するなどして胸骨骨折のけがを負わせたとされ、傷害罪でも起訴された。

 なぎさ被告は同期間の傷害容疑で再逮捕されたが、地検は6日、不起訴とした。2人の認否や不起訴理由を明らかにしていない。

 勇一郎被告は当初「シャワーもしつけのためで悪いことをしたとは思っていない」と供述。心愛さんの顔に複数のあざのような痕がある様子などを撮影した動画や画像が、勇一郎被告のスマートフォンに残っていた。なぎさ被告は「(暴行を)やめてと言ったが聞いてもらえなかった」などと話し、千葉県警が関与の度合いを調べていた。

 心愛さんは検察が起訴した時期以外にも日常的に虐待を受けていた疑いがあり、県警は捜査を続ける。

◆虐待防止、今国会で改正を 自公幹部が確認

 自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は6日、東京都内で会談し、児童虐待根絶を目指し政府が国会提出する児童福祉法と児童虐待防止法の改正案を、今国会で成立させる方針を確認した。

 栗原心愛さんが死亡した事件などを受け、改正案は保護者による体罰禁止を明記し、児童相談所の機能強化も盛り込む見込み。会談後、同席した自民党の森山裕国対委員長は「今国会で必ず成立させる。野党も対案を提出すると聞いており、与野党で協議して良い形にまとめたい」と述べた。

 一方、立憲民主党など野党6党派の国対委員長らは国会内で会い、児童虐待防止法や児童福祉法のほか、ドメスティックバイオレンス(DV)防止法の改正案を議員立法で共同提出する方針を確認した。児童福祉司の増員などが柱になる見通し。