希少サル5匹密輸未遂 成田空港、鳴き声で発覚 男1人起訴

  • LINEで送る

昨年4月に見つかったスンダスローロリス(東京税関成田支署提供)
昨年4月に見つかったスンダスローロリス(東京税関成田支署提供)

 絶滅の恐れがありワシントン条約で国際取引が禁止、規制されている希少な小型サル5匹をタイから密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と成田空港署は27日に、関税法違反(無許可輸入未遂)の疑いで水戸市元吉田町、測定器設計業、遠藤秀則容疑者(71)ら男2人を逮捕したと発表した。逮捕は7日付。千葉地検は27日、同法違反罪で遠藤容疑者を起訴、もう1人の同市の男性(60)は不起訴とした。理由を明らかにしていない。

 起訴状などによると昨年4月16日、スンダスローロリス4匹とピグミーマーモセット1匹をそれぞれ袋に入れてスーツケース内に隠し、タイ発成田空港着の航空機で密輸しようとしたとしている。

 税関検査官がスーツケースを開けて袋を持ったところ、人肌のようなぬくもりを感じ「チッチッ」という鳴き声がしたため発覚した。サルの体重や性別は不詳だが、いずれも人の手の平大で生後1カ月未満とみられる。摘発時は2種とも1匹ずつ死んでおり、その後にスンダスローロリス1匹が死んだ。

 同支署によると、遠藤被告は「バンコク市内のマーケットで5匹10万円で買った。自分で飼うために持ってきた」と供述しているが、販売目的だったとみられる。2013年以降、タイへ9回渡航歴があった。

 希少サルの密輸を巡っては2017年4月、「レッサースローロリス」4匹を巾着袋に入れて腹部のコルセット内に隠し、タイから航空機で密輸しようとした50代男性が同支署職員に見つかった。同法違反罪に問われ、千葉地裁で懲役1年6月、執行猶予3年、罰金50万円の判決を受けている。