更衣室にスマホ、主査補が同僚女性盗撮 山武市教委が停職処分 

  • LINEで送る

 山武市教育委員会は21日、同僚の女性職員の着替えを盗撮したとして、当時教育部出先機関の40代の男性主査補を停職6カ月の懲戒処分にした。

 市教委教育総務課によると、男性主査補は昨年7月13日、女性更衣室の棚に個人所有のスマートフォン(スマホ)を設置し動画撮影。同日、スマホを見つけた女性職員が上司に報告すると、「魔が差した」と申し出て盗撮を認めた。

 同20日になって、女性職員らが山武署に被害届を提出。同署は同25日、男性主査補を建造物侵入と軽犯罪法違反容疑で逮捕した。昨年12月27日に同罪で略式起訴され、今月8日付で罰金10万円の略式命令を受けた。

 男性主査補は、昨年7月上旬から複数回、更衣室にスマホを設置。「(被害者の1人に)興味があった」と話しているが、動画には複数の女性職員が写っていたという。

 市教委は「市の教育行政に対し信頼を低下させる行為。市民におわびし、信頼回復へ全力で取り組む」とコメントした。