飲酒ひき逃げ疑い 男逮捕、77歳女性死亡 多古

 多古町多古の町道で3日午後6時55分ごろ、歩いていた近くに住む無職、川口ミツ子さん(77)が車にはねられて全身を強く打ち、搬送先の旭市内の病院で死亡した。香取署は4日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで多古町多古、会社員、木村誠一容疑者(48)を逮捕した。

 逮捕容疑は、アルコールの影響で正常な運転ができない状態で軽乗用車を運転し、川口さんをはねて死亡させ、そのまま逃走した疑い。「酒を飲んで運転し、人をはねて逃げた」と容疑を認めている。

 同署によると、現場を通った男性が「女性が倒れている。意識がない」と110番通報。署員が到着する前に、木村容疑者がフロントガラスが割れた車とともに現場に戻ってきており、呼気検査で基準値を超すアルコールが検出されたため、署に任意同行して調べていた。

 現場は片側1車線の信号機のない直線で、交通量はまばらだった。


  • LINEで送る