損壊・遺棄で長男起訴 死亡経緯引き続き捜査 九十九里切断遺体

 九十九里浜一帯で山田容子さん(75)=八街市八街ほ=の切断遺体が見つかった事件で、千葉地検は14日、死体損壊・遺棄の罪で、容子さんと同居していた長男で無職、山田基裕容疑者(37)を起訴した。認否や容子さんが死亡した経緯については「ノーコメント」としたが、捜査関係者によると、死亡の経緯を知っているとみて引き続き慎重に調べる。

 起訴状によると、9月25日から27日までの間に、のこぎりなどを使い自宅で容子さんの遺体を切断。大網白里市四天木の堀川に架かる橋から胴体を投げ捨て、他の部位も県内などに遺棄したとしている。

 逮捕段階では犯行日を同26~27日としていたが、その後の捜査で25日からと特定した。同29日朝、堀川河口で胴体が見つかり、事件が発覚した。

 容子さんの死因は、司法解剖で特定できなかった。捜査関係者によると、基裕被告は取り調べで「財産を巡り母と口論になり、肩を揺さぶり、翌朝起きたら死亡していた。遺体の処理に困ってやった」と供述。その後は黙秘しているという。

 捜査関係者によると、凶器とみられるのこぎり2本が、JR東金駅(東金市)のごみ箱から見つかった。基裕被告は「一度は湖に捨てたが、水が抜かれてのこぎりが見えるのに気付き、ごみ箱に捨てた」といった趣旨の供述をしているという。

 地検は、遺体を切断した具体的な場所や運搬方法を明らかにしていないが、基裕被告が事件後、自宅風呂場を改修し、自家用車を売却しようとしていたことや、九十九里方面に向かう基裕被告の車が防犯カメラに写っていたことが分かっている。

 容子さんの遺体は9月29日~10月8日、大網白里市など九十九里浜の約10キロの範囲4カ所から、胴体と頭、足首から先がない両脚が見つかった。その他の部位は不明。


  • LINEで送る