酒気帯び運転容疑 松戸市職員を逮捕

  • LINEで送る

 松戸署は9日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで松戸市環境保全課職員、西哲男容疑者(52)=同市古ケ崎=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前0時20分ごろ、同市岩瀬の市道で、酒気帯び状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、同所で西容疑者の車が急発進し、男性会社役員=市川市=の運転する乗用車と接触。男性が停車を求めたが逃走し、現場から直線距離で約1キロ離れた自宅近くのコインパーキング内に停車。男性の同乗者が110番通報し、駆け付けた署員の呼気検査で発覚した。

 「歩いて帰るのが面倒だった」と容疑を認めているという。同署は道交法違反容疑(当て逃げ)についても調べている。