免許更新手続き直後、酒気帯び運転容疑で逮捕 勝浦

  • LINEで送る

 勝浦署で運転免許を更新した直後に飲酒運転したとして、同署は10日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで勝浦市川津、自称溶接業、藤平清已容疑者(53)を現行犯逮捕した。更新手続きの際、酒の臭いに気付いた担当職員から連絡を受けた署員が追跡し、発覚した。

 逮捕容疑は同日午後2時15分ごろ、同市串浜の市道で酒気帯び状態でワンボックス車を運転した疑い。

 同署によると、容疑者が手続きを終え、隣接する市役所駐車場からワンボックス車を運転して発進したため、署員が約1・3キロ先の路上で停車させて検査し、呼気から基準値を超えるアルコールを検出した。同署は飲酒した経緯などを調べている。