土佐犬残る1頭も捕獲 けが人など被害報告なし 九十九里

 九十九里町片貝の町道で2日に軽トラックと軽ワゴン車が衝突し、軽トラック荷台のおりに入っていた土佐犬3頭が逃走した事件で、東金署は3日、前日午後9時までの捜索で見つからなかった残る1頭について、2日深夜に捕獲したと明らかにした。土佐犬にかまれるなどの被害報告はなかった。

 同署によると、逃走した3頭のうち2頭は同日午後6時半ごろまでに捕獲されたが、残る1頭は同署の捜索が打ち切られた午後9時までに見つからなかった。

 捜索打ち切り後も同署などが探していたところ、同日午後11時35分ごろ、事故現場近くの田んぼに伏せているところを見つけ、捕獲した。

 一時逃走した3頭はいずれも1~2歳の雄で、体重30~40キロ、体長約60センチ。千葉市内で行われた闘犬大会から銚子市内の飼い主の元に戻る途中だったという。

 同町教育委員会によると、土佐犬が捕獲できなかった場合は町内4小中学校の休校を検討したが、県警から「3頭すべて捕獲」の連絡があったため、各校では通常の授業が行われた。


  • LINEで送る