電車にはねられ男性死亡 千葉、総武快速線踏切

 23日午後5時45分ごろ、千葉市花見川区幕張町3のJR総武快速線津田沼-稲毛駅間にある第2花立踏切で、20歳ぐらいの男性が久里浜発成田空港行き下り快速電車(11両編成)にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。千葉西署は自殺とみて男性の身元や詳しい状況を調べている。運転士や乗客約1400人にけがはなかった。

 同署によると、運転士は左手から踏切内に進入する人影を目撃し、急ブレーキをかけたが間に合わなかったと説明しているという。同踏切は自動車が通行できない踏切で、警報器や遮断機は正常に動いていた。

 JR千葉支社によると、同線で特急2本を含む上下14本が運休、特急6本を含む上下17本が最大1時間7分遅れ、乗客約2万1千人に影響した。


  • LINEで送る