千葉運転免許センターにセアカゴケグモ

  • LINEで送る

 千葉県警免許課は26日、千葉市美浜区浜田2の千葉運転免許センターで、人に危害を及ぼす恐れのある特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」が1匹見つかったと発表した。同センターで見つかったのは初めて。

 同課によると、25日午後、同センターの二輪試験コース内で、女性職員がセーフティコーンで背中の赤い生きたクモ(体長1・5センチ)を見つけ、別の職員が駆除。クモを撮影したデータから、専門家がセアカゴケグモと確認した。

 今年8月、船橋市内の工場でも別のセアカゴケグモが見つかっている。かまれると強い痛みや発熱の恐れがあり、県は決して触らずに通報するよう呼び掛けている。