トレーラー横転3人死亡 軽乗用車の家族下敷き 千葉市の県道

  • LINEで送る

横転した大型トレーラー=8日午後5時20分ごろ、千葉市若葉区中野町の県道(画像を一部加工しています)

 8日午前8時45分ごろ、千葉市若葉区中野町の県道丁字路交差点で、鉄くずを積んだ大型トレーラーが左折しようとして右側に横転し、対向車線で信号待ちをしていた軽乗用車が下敷きになった。押しつぶされた軽乗用車から大網白里市季美の森南4、会社役員、吉田亮さん(43)と妻の葵さん(37)、吉田さんの父親で千葉市緑区土気町、会社員、隆さん(70)が救出されたが、午後2時45分ごろ、現場で死亡が確認された。

 千葉東署によると、軽乗用車は吉田さんが運転し、助手席に隆さん、後部座席に葵さんが乗っていた。3人の死因は圧死とみられる。同署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トレーラーを運転していた八千代市神野、会社員、在原伸悟容疑者(26)を現行犯逮捕。容疑を過失致死に切り替え、事故原因や鉄くずの積載状況を調べる。

 現場は千葉東金道路中野インターチェンジ(IC)から北へ約300メートル。トレーラーは国道126号方面から中野IC方面へ走行し、坂道を下った後、交差点を曲がりきれずに横転した。在原容疑者は「鉄くず37トン分を積み、八街市から東京都内に向かっていた」と話している。

 現場には鉄くずが散乱し、重機を使った救出作業などで長時間通行止めになった。