南房総市の元幹部 酒酔い運転で起訴 千葉地検館山支部

  • LINEで送る

 南房総市の幹部が道交法違反(酒酔い運転)の疑いで逮捕された事件で、千葉地検館山支部は28日、同法違反の罪で元市朝夷行政センター長で無職の保田勉容疑者(55)=同市千倉町白間津、懲戒免職=を起訴した。

 起訴状などによると、5月23日午後9時20分ごろ、同町北朝夷の国道410号で、酒に酔った状態で軽トラックを運転したとされる。地元議員と意見交換する懇親会から自宅に帰る途中で、ガードレールに衝突する事故を起こして発覚した。