航空機内で乗客に放尿 暴行の疑いで米国籍男逮捕 成田空港署

  • LINEで送る

 航行中の航空機内で寝ていた男性客に向かって放尿したとして、成田国際空港署は18日までに、暴行の疑いで米国籍の自称エンジニア、デニシュ・キショルチャンドラ・プラーク容疑者(24)を逮捕した。

 逮捕容疑は17日午前10時20分ごろ、米国・シカゴから成田へ向かうANA機内で、客席で就寝していた男性会社役員(50)に放尿した疑い。

 同署によると、機内から連絡を受け、ANAが110番通報。成田空港へ到着後、同署員が任意同行した。2人に面識はないとみられる。プラーク容疑者は機内でシャンパンと日本酒を合わせて4、5杯飲み、「酔っていて覚えていない」と供述しているという。