講師USBメモリー紛失 千葉市生浜中、生徒9人個人情報

  • LINEで送る

 千葉市教委は8日、市立生浜中学校(中央区)の男性講師(27)が、担任する特別支援学級の1~3年の生徒計9人の個人情報が入った私物のUSBメモリー1本を紛失したと発表した。氏名や生年月日、住所、電話番号、出身校などのデータが保存されていた。これまでに情報悪用などの報告はない。

 市教委によると、男性講師は3日午後6時半~11時半、同僚2人と帰宅途中にJR幕張本郷駅周辺の店で飲酒し、メモリーを入れたリュックを背負って電車で帰宅。自宅最寄りのJR千葉駅近くのベンチで仮眠をとり、翌4日午前4時半ごろに目を覚ました際、リュックがないことに気付いた。盗難の可能性など紛失の状況については「酔っていたため覚えていない」と話している。

 男性講師は同日、同駅前の交番に遺失物届を提出し、教頭に報告。当初は教材データを入れた別のUSBメモリーだけをなくしたと思っていたが、7日に個人情報を入れたメモリーの紛失にも気付き改めて校長に報告した。校長らは同日、生徒と保護者に謝罪した。

 市教委は規定で、生徒の個人情報をUSBメモリーへ保存することを禁じている。男性講師は「知らなかった。大変申し訳ない」と反省しているという。市教委は「個人情報の取り扱いを周知徹底し、再発を防ぎたい」と謝罪。男性講師の処分を今後検討する。