85歳女性が重症 熱中症で横芝光

  • LINEで送る

 31日の千葉県内は気温が上昇し、県の午後4時時点の集計で、熱中症とみられる症状で43人が救急搬送され、うち横芝光町の女性(85)は3週間以上の入院が必要な重症だった。

 匝瑳市横芝光町消防組合消防本部によると、重症者は同町の女性で、午後0時50分ごろ、自宅で倒れているのを女性ケアマネジャーが見つけ、119番通報した。女性の部屋にはエアコンが設置されていたが、作動していなかったという。

 このほか、短期の入院が必要な中等症が13人、軽症が29人だった。