塾トイレ盗撮の元経営者を起訴

  • LINEで送る

 経営していた学習塾のトイレに小型カメラを設置し動画で少女らを盗撮していたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕された野田市山崎、元学習塾経営、池田和紀容疑者(42)について、地検は24日、同法違反の罪で起訴した。

 起訴状などによると、今年3~5月、利用者が18歳未満と知りながら同塾の女子トイレに小型カメラを設置して動画撮影し、動画データを保存して児童ポルノを製造したとしている。