今年最高千葉市で37・4度 9地点35度超え 千葉県内猛暑

  • LINEで送る

埼玉県熊谷市で41.1度の国内最高記録を観測した23日、県内でも気象庁の15観測所のうち9カ所で35度を超える猛暑日に。県内で最も暑く、今年最高の37.4度を観測した千葉市中央区では、千葉公園屋外プールで子どもたちが水遊びを楽しんだ
埼玉県熊谷市で41.1度の国内最高記録を観測した23日、県内でも気象庁の15観測所のうち9カ所で35度を超える猛暑日に。県内で最も暑く、今年最高の37.4度を観測した千葉市中央区では、千葉公園屋外プールで子どもたちが水遊びを楽しんだ
タオルで額の汗をぬぐいながら歩く女性=23日、千葉市中央区
タオルで額の汗をぬぐいながら歩く女性=23日、千葉市中央区

 埼玉県熊谷市で41・1度の国内最高記録を観測した23日、県内は全域で晴れ渡り、気象庁の15観測地点のうち9カ所で35度を超える猛暑日となった。千葉市中央区では、千葉県内で今年最高となる37・4度を観測。また、我孫子市で36・7度、木更津市で36・1度となり、いずれも7月の観測史上最高を更新した。

 銚子地方気象台によると、県内は層の厚い高気圧に覆われ、日差しを遮る雲も少なく、全域で気温が上昇した。

 千葉市中央区の千葉公園屋外プールでは、子どもたちが水遊びを楽しんだ。双子姉妹で小学5年の吉田ひなみさん(10)と優実さん(10)=同市若葉区=は「朝からすごく暑くて、プールに来た。思っていたより水が温かかった」と笑顔で話した。

 同日は日本列島全体が高気圧に覆われ、東京都青梅市で40・8度、岐阜県多治見市で40・5度を観測するなど、東北から九州にかけて広い範囲で気温が上がった。これまでの過去最高気温は2013年8月に高知県四万十市で観測した41・0度だった。西日本豪雨の被災地でも厳しい暑さとなった。

 気象庁によると、全国的に今年一番の暑さで、都内で40度以上になるのは観測史上初。国内で40度に達するのは多治見市で40・7度を記録するなどした18日以来。

 気象庁は各地に高温注意情報を出し、こまめに水分を取るなど熱中症への対策を呼び掛けている。

◆76人搬送、2人重症 全国で搬送1843人、死亡9人

 千葉県内の気象庁15観測地点のうち、10カ所で今年の最高を更新した23日、午後4時時点に熱中症とみられる症状で救急搬送された人数は県の集計で76人となり、うち高齢者2人は3週間以上の入院が必要な重症だった。共同通信の集計では熱中症とみられる症状で救急搬送された人が全国で1843人に上った。7府県で計9人の死亡が確認された。

 県消防課や県内各消防本部によると、重症者は浦安、船橋市で各1人。

 浦安市内の重症者は90代女性で、自宅で脱水症状を訴え、家族が往診の医師に相談して午前8時50分ごろ119番通報。厳しい暑さが続く中、女性は数日前から体調を崩し、食事を取れない状態だったという。

 船橋市での重症者は70代女性。午後2時15分ごろ、外出先からの帰宅途中に気分が悪くなり、通行人が119番通報した。

 高齢者の重症が相次ぎ、県環境政策課は「高齢者は(加齢で)のどの渇きを感じづらい。のどが乾いていなくても小まめに水分を取ってほしい」と警戒を促した。

 山武市内の高校では午前10時半ごろ、教室で吹奏楽の練習をしていた女子生徒(15)が腕のしびれや震えを訴え、教員が119番通報。生徒は軽症だった。

 埼玉県は熊谷市で国内最高記録の41・1度を記録するなど県内各地が猛暑となり、久喜、朝霞、秩父の3市で70~90代の男女計3人の死亡を確認。ほかに茨城、群馬、富山、愛知、大阪、熊本の6府県でそれぞれ1人の死亡が確認された。