「大会成功へ協力不可欠」 フェンシング太田会長、満席目標 メッセでボランティアシンポ 【2020東京オリ・パラ】

  • LINEで送る

日本フェンシング協会長の太田雄貴さんが基調講演したボランティアシンポジウム=16日、千葉市美浜区の幕張メッセ
日本フェンシング協会長の太田雄貴さんが基調講演したボランティアシンポジウム=16日、千葉市美浜区の幕張メッセ

 千葉県で8競技を行う2020年東京五輪・パラリンピックに向け、県主催のボランティアシンポジウムが16日、千葉市美浜区の幕張メッセで開かれ、日本フェンシング協会長で五輪メダリストの太田雄貴さんが「大会を成功させるためにはボランティアの協力が不可欠」と強調。フェンシング競技へは「客席を満員にする」と目標を公表した。

 会場周辺や駅、成田空港で交通・観光案内を担う「都市ボランティア」の募集が9月から始まるのを前に、ボランティアの必要性を訴え、多くの県民らに応募してもらおうとシンポジウムを開催。約600人が参加した。

 基調講演で太田さんは、20年に向け「FPPP(フェンシング・パン・パン・プロジェクト)」と銘打ち、フェンシング競技の会場となる幕張メッセの観客を満員にする目標を発表。フェンシングへの関心を高めるため、競技の魅力を伝える宣伝方法を変えるなどし、試合会場の観客を10倍増にした実績を紹介した。

 「満員の会場で、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮する」のを理想とし、応援が大切とした。より多くの人に競技会場に来てもらい、応援の機運を高めるよう呼び掛けた。

 さらに、「ボランティアは体験した方が楽しい。目の前のチャンスをつかみ取って、県内会場で最高のおもてなしを」と求めた。