市川の小学教諭万引を校長に報告 警察が任意同行

  • LINEで送る

 市川市教育委員会は21日、市内小学校の30代の男性教諭が警察に任意同行を求められたと発表した。

 市教委によると、教諭は14日午後9~11時ごろ、市内の飲食店で飲酒。15日午前1時ごろ、通勤用バイクで帰宅途中にコンビニに立ち寄りインスタントカメラを万引したとみられる。同日午前10時10分ごろ、校長に自ら報告したという。

 市教委は「警察の取り調べ中」として、詳しい任意同行の理由を把握していない。教諭は事実上の謹慎中で、市教委は今後警察の対応などを踏まえ処分を検討する方針。