同居の女性虐待、男女を再逮捕 佐倉署

  • LINEで送る

 同居していた女性(25)の歯を折るなどしたとして傷害の疑いで男女が逮捕された事件で、佐倉署は15日、同じ女性にけがを負わせた同容疑で、酒々井町ふじき野3の自称会社員、高村良(28)と自称自営業、小倉実里(27)の両容疑者を再逮捕した。

 同署は以前から女性に虐待を繰り返していたとみて、2人の役割などを調べている。

 両容疑者は3月初旬~5月18日、自宅に住まわせていた女性の歯をペンチで折ったり、竹串で太ももを刺し、熱湯をかけるなどして、顔や、足などにけがを負わせたとして先月逮捕された。