元千葉市議を鑑定留置 稲毛の家族4人殺傷で地検

  • LINEで送る

 千葉市稲毛区の居酒屋で5月、同区の家族4人が切りつけられ、幼稚園女児が死亡した事件で、千葉地検は15日までに、県警が殺人などの疑いで再逮捕した元同市議で母親(42)の兄、小田求容疑者(46)の刑事責任能力を調べるため鑑定留置を千葉地裁に請求し、認められた。14日付で、期間は約3カ月。

 捜査関係者によると、「家族と元々仲が悪く、最初から4人とも殺すつもりだった」と供述する一方、意味不明な話もしていた。

 事件は5月13日夜に発生。高木彩友美ちゃん(6)が死亡、父親(44)ら3人が重軽傷を負った。県警は母親への殺人未遂容疑で現行犯逮捕、彩友美ちゃんら3人への殺人容疑などで今月3日に再逮捕した。