窃盗容疑で隊員免職 同僚のカードを不正使用 陸自木更津

  • LINEで送る

 陸上自衛隊木更津駐屯地の第1ヘリコプター団は11日、同僚隊員のクレジットカード情報を不正に使い私物品を購入したとして、同団第1ヘリコプター野整備隊の男性3等陸曹(21)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 同団広報班によると、男性3等陸曹は昨年11月17日から同年12月16日の間、同隊の同僚隊員3人のクレジットカード番号を無断で使い、インターネットショッピングサイトでパソコンや車用品(計約44万円相当)を不正に購入した。

 男性3等陸曹は「自分の貯蓄を使わずに購入したかった」などと説明。同僚隊員の財布からクレジットカードを取り出し、カード番号を携帯電話のカメラ機能で撮影していた。

 今年1月に被害者がカードの不正使用に気付き部隊に報告した。陸自警務隊は男性3等陸曹を窃盗容疑で書類送検する予定という。