千葉県内梅雨入り ハナショウブ雨に映え

  • LINEで送る

見頃を迎えたハナショウブ。そぼ降る雨に白や紫が鮮やかに映える=6日、千葉市若葉区の泉自然公園
見頃を迎えたハナショウブ。そぼ降る雨に白や紫が鮮やかに映える=6日、千葉市若葉区の泉自然公園

 気象庁は6日、千葉県など関東甲信、近畿、東海が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より1~2日早い。昨年に比べて近畿と東海が約2週間、関東甲信が1日それぞれ早くなった。各地方で向こう1週間は前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなる見通し。

 銚子地方気象台によると、6日は本州の南岸に停滞する梅雨前線の影響で、千葉県内全域で雨となった。

 千葉市若葉区の泉自然公園では、そぼ降る雨にぬれたハナショウブが見頃を迎えている。約2700平方メートルのショウブ田に約6千株が植えられ、白や青、紫など鮮やかな花々が来園者を魅了している。

 近畿、東海、関東甲信の梅雨明けは平年でいずれも7月21日ごろ。昨年は関東甲信が同6日ごろ、近畿が同13日ごろ、東海が同15日ごろだった。