新築中、侵入し家電盗 千葉県警、容疑で2人逮捕

  • LINEで送る

 新築工事中の戸建て住宅に侵入し、IHクッキングヒーターなど家電を盗んだとして、千葉県警捜査3課と千葉北署などは22日、建造物侵入と窃盗の疑いで、佐倉市臼井台、自称宅配運転手、服部亮容疑者(28)と、同市井野、自称会社員、関航平容疑者(27)を逮捕した。県内では昨年3月ごろから新築工事中の住宅が狙われる窃盗被害が数十件発生しており、同課は関連を調べている。

 2人の逮捕容疑は共謀し、3月8日午後5時ごろから9日正午までの間、千葉市花見川区こてはし台の新築工事中の戸建て住宅に侵入し、IHクッキングヒーターや便器など6点(時価計約30万2580円相当)を盗んだ疑い。

 同課によると、2人は盗品を買い取り業者に売っていたといい「遊興費目的だった」と容疑を認めている。