下志津病院医師を解雇 大麻所持疑い逮捕 「申し訳ない」と認める

  • LINEで送る

 国立病院機構関東信越グループは24日、車内で大麻を所持したとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで警視庁代々木署に逮捕された同機構下志津病院(四街道市)の安武正医師(29)を同日付で懲戒解雇にしたと発表した。

 安武医師は今月13日、東京都渋谷区の路上に止めた車内で、大麻約1グラムを所持した疑いで逮捕された。同グループの聞き取りに安武医師は事実を認め「迷惑を掛けて申し訳ない」と話したという。

 同グループによると、安武医師は今月1日に採用され、同病院リウマチ科に勤務していた。勤務態度に問題はなかったという。同グループは「職員として恥ずべき行為で誠に遺憾。今後このようなことが起こらないように徹底を図りたい」とコメントした。