クレーン横転、男性死亡 市原、産廃積み込み中

  • 0
  • LINEで送る

 市原市勝間の山林で、22日午後7時55分ごろ、産業廃棄物をクレーン付きトラック(2トン)に積む作業中、同トラックが横転し、千葉市中央区千葉寺町、自営業、谷奥直樹さん(55)が下敷きになった。谷奥さんは全身を強く打って現場で死亡が確認された。市原署は詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、谷奥さんは事故当時、1人で作業していたという。足場は土で、積み荷の重みでバランスが崩れて同トラックが横転したとみられる。巡回中の男性警備員が下敷きになっている谷奥さんを見つけた。