運転手寝坊し運休 白里発、高校生ら30人乗れず 小湊バス

  • LINEで送る

 小湊鉄道(本社・市原市)が運行する路線バス「白里海岸発茂原駅東口行き」の始発便が、乗務予定の男性運転手(61)が出発時間に間に合わず運休していたことが18日、千葉日報社の取材で分かった。小湊鉄道によると、運転手が遅れたのは寝坊が原因。運休により、通学のため白子町でバスを待っていた男子高校生が乗れず、電車にも乗り遅れて遅刻した。同社ではおよそ30人がバスに乗れなかったとみて、対象者に謝罪する予定。

 同社などによると、運休したのは同日午前7時に白里海岸を発車する予定だった始発の1便。同日朝、車庫で別のバスの整備に気を取られた男性運行管理者(75)が出発20分前に行う点呼を忘れ、男性運転手がいないことに気付かなかった。

 始発便は学生の利用が多いといい、同社に電話で「バスが来ないので学校に遅刻してしまう」といった苦情が計11件寄せられ、発覚した。

 経路上のバス停で、約25分間バスを待った男子高校生は親戚の車で茂原駅まで送ってもらい、学校に1時間ほど遅刻したという。同社によると、バスはおよそ1時間に1便間隔の運行で、雨が降っていたため普段より利用者は多かったという。

 男性運転手は車庫の近くに住んでおり、運行管理者が電話したところ「寝坊した」と弁明。同7時半ごろ出勤し、平常業務に就いたという。同社によると、普段の勤務態度は良好だったという。

 同社は同日中に苦情を寄せた利用者宅を訪れて謝罪し、使用したタクシー代金などを返還。遅延証明は面会する際に渡すという。同社は「お客さまに迷惑を掛けて申し訳ない。公共の足として再発防止に努める」と謝罪した。