車3台衝突、3人死傷 100キロ超で走行、スリップか 市原の県道

  • LINEで送る

小雨が降る中、事故の状況を調べる千葉県警の警察官ら=16日午後8時55分ごろ、市原市町田の県道
小雨が降る中、事故の状況を調べる千葉県警の警察官ら=16日午後8時55分ごろ、市原市町田の県道

 16日午後4時半ごろ、市原市町田の県道で、20代ぐらいの男性が運転する乗用車がセンターラインをはみ出し、対向車線の車2台に次々と衝突。男性と、同乗していた20代ぐらいの女性が全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。対向車の70代ぐらいの男性は左胸に重傷を負った。市原署は、車線をはみ出した車が時速100キロ以上で走行し、雨の影響でスリップした可能性があるとみて、詳しい原因を調べている。

 同署によると、現場は片側1車線の見通しの良いほぼ直線。