駅前で声掛け安全確認 鎌ケ谷西高生 松戸女児殺害事件 間もなく1年

  • LINEで送る

東武野田線六実駅前で駅利用者にあいさつする鎌ケ谷西高校の生徒=13日午前、松戸市六実
東武野田線六実駅前で駅利用者にあいさつする鎌ケ谷西高校の生徒=13日午前、松戸市六実

 松戸市のベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、市立六実第二小3年=が殺害され遺体で見つかった事件の発生から1年を前に、同小近くの県立鎌ケ谷西高校の生徒ら約10人が13日、東武野田線六実駅前であいさつ運動を行い、駅利用者らへ声を掛けて安全確認。同小児童が使う通学路でパトロール活動も行った。

 同高によると、有志生徒が昨年11月、地域住民で構成する「六実っ子安全安心見守り隊」に参加。登下校時に隊員証を首から下げて、地域の児童らを見守ってきた。

 事件発生から1年が近づく中、生徒らは初めて同駅前に立ち、駅利用者らに「おはようございます」と元気よくあいさつ。犯罪を起こさせない明るい雰囲気づくりに努めた。通学路のパトロールも行い、人目につかない場所などを一つ一つチェックした。

 同高1年の水留晴香さん(16)は「高校生も地域活動に参加し、みんなで児童を見守っていきたい」と意欲を示した。