香取の山中に遺体遺棄 容疑で社長ら2人逮捕 成田署に捜本

  • 0
  • LINEで送る

 香取市内の山中に遺体を遺棄したとして、成田署は8日、死体損壊・遺棄の疑いで東京都内の土木建設会社社長の男ら2人を逮捕した。遺体は行方不明になっている成田市の60代会社経営男性とみられ、2人が男性を殺害した殺人容疑も視野に同署に捜査本部を設置した。遺体の身元確認や、死亡し遺棄された経緯などを詳しく捜査する。

 捜査本部によると、逮捕したのは東京都足立区東綾瀬3、飯島興業社長、飯島健司(76)と同区谷中5、同社専務、柴田正和(52)の両容疑者。逮捕容疑は、行方不明になっている成田市の男性とみられる遺体を損壊し、香取市内の山中に遺棄した疑い。

 行方不明になった男性は、飯島容疑者に成田市山之作の資材置き場の整地作業を依頼しており、商取引を巡るトラブルがあったとみられる。

 今月3日夜、男性の知人女性が、男性と連絡が取れなくなったことから同署に捜索願を提出。同署は何らかの事情を知っているとみて7日夜から飯島容疑者らを任意で聴取したところ、逮捕前に遺体を損壊し遺棄したことを認め、2人の供述通り8日未明、香取市内の山中から焼かれた人骨が見つかった。

 知人女性は3日朝に男性と会っていた。遺体が損壊・遺棄されたのは同日から4日にかけてとみられる。遺体が見つかった場所は飯島容疑者が管理している土地だという。