住吉会系組長を逮捕 「あいさつ料」要求疑い 千葉県警

  • LINEで送る

 暴力団幹部ら男2人があいさつ料などとして現金を脅し取ろうとして逮捕された事件で、千葉県警捜査4課は1日、恐喝未遂の疑いで松戸市新松戸北1、指定暴力団住吉会系組長、稲垣学容疑者(53)を逮捕した。

 逮捕容疑は、組幹部らと共謀し1月20日午後0時50分ごろ、同市内の不動産店内で、パチンコ店経営の男性(59)にあいさつ料を支払うように要求し、現金を脅し取ろうとした疑い。

 同課は稲垣容疑者の認否を明らかにしていない。組幹部の男に稲垣容疑者が指示していたとみられる。

 男性は支払いを拒否したが、これまで10年以上にわたり計1億円以上を稲垣容疑者側へ支払っていたとみて調べている。