乗客100人の路線バス 急ブレーキで5人けが 千葉市

  • LINEで送る

 1日午前8時10分ごろ、千葉市美浜区幕張西2の市道で、京成バス(市川市)の路線バスが急ブレーキで停車し、衝撃で乗客の30~60代の男女5人が転倒するなどし、捻挫や打撲のけがを負って病院に搬送された。千葉西署は、前方の車に気付くのが遅れて急ブレーキをかけたとみて、男性運転手(59)=習志野市=から事情を聴くなどして、詳しい事故原因を調べている。

 同署と京成バスによると、現場は片側2車線の見通しの良い直線。バスは129人乗りの連節バスで、当時約100人が乗っていた。運転手が119番通報した。

 京成バスによると、同日の始業点呼では、男性運転手の健康状態などに異常はなかったという。同社は「負傷者におわびする。再発防止に努める」とした。