オートバイと軽貨物車衝突 市原署

  • LINEで送る

 市原市牛久の国道297号の交差点で30日午後10時50分ごろ、60代ぐらいの女性が運転する軽貨物車が、20代ぐらいの男性が運転するオートバイと衝突した。男性は下半身を複雑骨折する重傷で、女性も胸を打撲した。いずれも命に別条はないという。市原署が詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、現場は信号機がある片側1車線の見通しの良い十字路交差点。女性の車が右折しようとしたところ、直進してきた男性のオートバイに衝突したとみられる。通行人が119番通報した。