ギターケースに覚醒剤 9.8キロ密輸容疑カナダ人逮捕

  • LINEで送る

ギターケース内に隠して密輸しようとする手口は極めて珍しいという=28日、成田空港

 覚醒剤約9・8キロ(末端価格約6億2730万円相当)を密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と成田国際空港署は28日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いでカナダ国籍のミュージシャン、ダニエル・バートン・ウィットモア容疑者(44)を現行犯逮捕。千葉地検は同日、同法違反や関税法違反などの罪で起訴した。

 起訴状や同支署などによると、12月11日午後2時55分ごろ、カナダのバンクーバー国際空港から成田空港に到着した際、スーツケース内の茶筒や二重底に細工したギターケースなどに隠した覚醒剤を密輸しようとしたとしている。

 ウィットモア被告は「カナダで知り合った中国系とみられる人物から日本に荷物を運ぶよう頼まれた。報酬目的だった」などと供述しているという。

 成田空港の税関検査で、不自然に汗をかいていたウィットモア被告を不審に思った税関職員が荷物を調べ発覚した。ギターケースに隠して密輸する手口は珍しいという。