会社敷地内で同僚男性刺す 千葉北署、殺人未遂の疑い

  • 0
  • LINEで送る

 同僚男性の腹を刺して殺害しようとしたとして千葉北署は25日、殺人未遂の疑いで自称四街道市和良比、会社員、吉田直人容疑者(25)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後7時ごろ、千葉市稲毛区長沼原町の建設会社敷地内で、同僚男性(40)=四街道市=の腹を刃物のような物で刺して殺害しようとした疑い。男性は腹に全治約3カ月の重傷を負ったが命に別条はない。

 同署によると、吉田容疑者は「刃物を相手に向けたら刺さった」と容疑を一部否認している。2人は建設会社の下請け会社社員で、勤務中だった。仕事上のトラブルが原因とみられる。